フランチャイズや代理店の業務とはなにか?

フランチャイズと代理店の違い

フランチャイズと代理店の違いはまず事業の目的にあります。代理店では商品やサービスといった販売経路を拡大するために各店舗と契約するのですが、フランチャイズ店では本社からの商品やサービスや販売経路だけでなく、事業の仕組みや経営のノウハウまでパッケージ化したものが各店舗に渡されるものです。この特性のため代理店ではすでに取引先を持っている物販業者において契約することで利益を生みやすく、フランチャイズ店では物販だけでなくサービス業や食産業を得意としていて脱サラした素人でも始めやすくなっています。

フランチャイズ店と代理店の経営場合の利益

フランチャイズ店や代理店と契約した場合店舗側で出した利益はそのまま手元に入ることはなく、本部のほうに権利料を払うことになる場合もあります。ではこれらの二つの場合の違いは何なのでしょうか?代理店の場合権利料をとることもありますが基本的には製造収益や継続的販売収益を本部が徴収するだけになっております。それに対してフランチャイズ店はノウハウを提供する対価として加盟金や権利金を本部側が徴収し、またブランド使用料のロイヤリティーやITサービスを提供することでその使用料を本部側が徴収します。そのため同じ利益の場合代理店のほうが利益を上げることができるのです。

開業したい人はどちらを選択すればよいか?

開業する場合フランチャイズ店と代理店の違いとして代理店は複数企業と代理店契約を行えるがフランチャイズ店としては複数行えないのです。そのため店舗側は代理店の場合複数契約した企業の商品を扱うことができるため商品の幅の広さを自分の思いどおりに決めることができ経営することができます。それに対してフランチャイズ店では提供する一つの企業が扱う商品のみ販売することができないのでそういった幅を設定することができません。そのため経営の経験がある人は代理店契約をし、逆にそういった経験がない人はフランチャイズ契約をすることが良いのではないでしょうか?

代理店とは取引の代理を行う店または企業のことです。取引とは商品の販売や、原材料の買い付けなどを意味します。