引っ越しは整理整頓の最大のチャンスです。

引っ越しはいらない物といる物を分ける事です。

引っ越しは整理整頓のいいチャンスなのにめんどくささが先に立ってなかなか進みませんよね。考え方を変えてすっきりしましょう。日頃の整理整頓ではあまりかたずきませんよね。そこで引っ越しなんです。部屋を明け渡さなくてはなりませんので一回何もなくなりますよね。ここが重要です。広い部屋に引っ越す場合注意が必要です。広くなるからと多く持って行っては同じ事の繰り返しでまた、ごちゃごちゃになってしまいます。これでは本末転倒です。

広い部屋に引っ越す時の注意

引っ越し作業の時広い部屋に引っ越すからとたくさんの物を持って行くのはやめてください。いつまでたっても広々暮らせません。なぜかというと空間が出来るとそこをもので埋めようとしてしまうからです。少しスカスカくらいがちょうどいいのです。なるべく物を買わないでください。もし、どうしても買う場合は一つ物を捨ててください。こうする事によって広々空間が維持できます。こういう空間に住んでいると無駄な物は買わなくなります。整理整頓されているので同じものを買うことがありません。無駄がなくなりお金も貯まります。

いる物といらない物の選別について

引っ越しの際にいる物といらない物に分別するのは大変です。そこで、どうしても分別できないものは保留箱を作ってそこに入れておきましょう。出来れば、保留箱の物も捨ててしまった方がいいのですがどうしてもという場合は、写真に撮ってしまいましょう。こうすればかさばらないし思い出は取っておけます。不思議なことに物が少ない方が心が満たされるんです。一度試してください。あまりのすっきり感にびっくりするはずです。頭もクリアになりますよ。

要らなくなったものがあれば、不用品の回収に出しましょう。無料で回収できるものもあるので費用をかけずに処分できます。