どうすればいいのか?初めての人でもわかる起業の仕方

起業するには何をすればいいのか?

今回は株式会社を例に起業の仕方を説明します。株式会社のメリットは、個人事業よりも信用度が高く、節税もしやすいなどが挙げられます。デメリットは、必要な手続きが多くなるなどです。株式会社を設立するには、設立にかかる費用はもちろん、会社の印鑑、資本金、事業目的などが必要になります。場合によっては、会社のホームページを用意すればいいでしょう。起業に必要な費用には、定款や登記手続きにかかる手数料や収入印紙代などで、最低でも約25万円以上は必要だと言われています。

会社設立に必要な定款

定款とは会社のルールをまとめた文書のことで、登記には絶対に必要なものです。会社の設立では定款の作成は義務付けられているので、用意する必要があります。定款を作成したら4万円分の収入印紙を貼らなければなりません。しかし、PDFの電子定款にすれば、収入印紙代の必要はなく費用が節約できます。定款を作成したら、それが正しく作られたものであることを第三者に認めてもらうために。公証役場で認証してもらいます。今後の手続きに関しては、この認証がなくてはなりません。

会社の設立登記と開業の届出をする

株式会社の設立登記には、定款をはじめ資本金の払込証明書、印鑑証明書、設立登記申請書などを用意しましょう。設立登記は法務局で行いますが、そのときは直接法務局ヘ行って手続きするか、郵送やオンラインでもできます。登記したらもう終わりではありません。税務署や労働基準監督署、都道府県などへ開業に関する届出をしなければなりません。税金や各種保険に関する手続きは必要になります。法人設立届出書など、納税や給与の支払い、従業員を雇ううえで必要な保険の手続きなどをしておく必要があります。

心機一転、会社の開業を考えている方もいるでしょう。もし、そのためにサポートを受けたいのなら専門家に相談してみることをオススメします。